最近のことなのですが、AM2時を過ぎないと眠たくならず、10時より前には起きれなくなってしまいました。これは完全に体内時計が狂っているのです。なので、夜通しテレビをつけて起きて、時計を一回転させてやれば、体内時計は元に戻るのでは?とコーヒーを飲みながらふと思いついたのです。

麻雀とPUBGやりまくってオールしてみました。意外とまだ、オールする体力は年相応なようで安心しています。生活リズムが狂ってしまうともう起きられないですし、冬って季節が追い打ちをかけて、お布団から出してくれないなんてみなさんもあるあるですよね。

いつもは食べない朝食も食べて、意外と健康的なんじゃないかと思いましたが、AM10時を回ったあたりから体は正直なようでふわふわになっていきます。しかし、ここで寝てはまた夜寝れなくなってしまう。目をこすって、なんか食って起きておかないと思いますが、一つ忘れていました。体内時計が狂うほど不摂生な結果、体重はレッドゾーンに突入しているので、間食は禁忌なでした。低脂肪牛乳で作ったホットミルク、飲むヨーグルト、野菜ジュースで寂しい口を紛らわせながら夕飯はとりあえず野菜スープで減量を図る毎日。

この腹をなんとかしないとそろそろまじ、デブになってしまう。

なんてことを考えていたら、やっぱり寝てられなくなりました。

一緒に仕事をするのが、苦手なタイプの人がいます。それは、コミュニケーションが下手な人です。協同作業を行うことが多いのですが、コミュニケーションが下手な人がいると、作業が「ちぐはぐ」な感じになって、進みません。

コミュニケーションが下手というのにも、いろいろあります。まず、必要なことを相手に伝えない人。これは、共同作業だと困ります。作業が無駄になったりします。

また、逆におしゃべりすぎる人も、困ったものです。話ばかりで、時間をとられ、結局何が大切か分からなかったり、作業の時間が奪われたりします。

逆に、コミュニケーションが上手な人、的確に必要なことを伝える、また、感情的な面もフォローしたようなコミュニケーションができる人と一緒に仕事をすると、とても気持ちよく仕事ができます。また、仕事も、はかどります。一緒に仕事をしたいな、という気持ちにさせてくれます。

このようなコミュニケーションが上手な人は、そういなく、貴重だなあと思います。

自分も、決してコミュニケーションが上手い法ではないので、上手くなりたいなぁと日々反省はしているのですが、なかなか上手くなりません。

この能力は、短期間では決して習得できないんだろう、と思って、根気よく頑張ろうと思います。

みなさん、「朝活」って知っていますか?「朝活」とは字の通り、朝から活動することです。「早起きは3文の得」という言葉があるようにとてもメリットだらけなのです。なぜ「朝活」をオススメするかといいますと「人生で睡眠時間が3分の1」らしいです。やばくないですか?

80歳だと仮定すると26年間寝ている訳ですよ(笑)私が今27歳なのでようやく起床して1年経過したということになります(笑)話がそれましたが、睡眠を悪く言っている訳ではありません。睡眠とはとても大事なことなのです。ただ「朝活」を通じて規則正しい生活をしようということです。

得られるメリット1つ目は早起きをして自分の時間が作れるということです。朝の時間はとても大切です。数分で遅刻の命取りとなります。早起きをして朝の時間にゆとりをもちましょう。海外の経営者たちも早起きを推奨しております。

2つ目は運動をしましょう。朝の運動が体にも良いとされています。ジムに通う場合はほとんど貸切になるでしょう。夜にジムにいくと自分が使用したいマシンがあいていなかったり自分の思うようにできません。その分朝に切り替えることで有意義な時間を利用することができます。

3つ目は1日の生産力があがることです。これは是非実践してみて下さい。

いかがでしたでしょうか?「朝活」を通じて、自分を磨いてみませんか??

冬になると、我が家の食卓にも実家から送られてくるミカンが山盛りになります。

これのおかげでウチは風邪知らず。

ビタミンCたっぷりで乾燥する時期でも肌はツヤツヤです。

浜松生まれの私にとっては、ミカンはいつの間にか、どこからか送られるてくるのが子供のころから習慣でした。

親戚や知己に身近にミカン農家のおうちがあったりして、お歳暮に頂いたり、傷があるものを分けてもらったり。

浜松で食べるミカンは概ね浜名湖・三ケ日周辺で作られたもので、今ならミカエース、青島というブランドがメジャーですが、どれもこれもハズレ無し。

子供たちも大好きです。

さて、そんなミカンですが、種類によっては皮がぴたりと付いていて剥くのに難儀するものや、ふっくらとしてぺりぺりと簡単に剥けるものまでいろいろです。

小さい頃、祖父母の家に遊びに行くと、やっぱりそのこたつの上にはお盆に載せられたミカンがあり、祖母が『今年のミカンも甘いよ、どんどんおあがり!』と勧めてくれたものです。

石油ストーブの匂い、古い手編みの毛糸のこたつ掛け、シワが刻まれた祖母の手の柔らかさ、温かさ。

両手でミカンを包み込み、かるく揉むと、皮が?け易くなるんだよ、と教えてもらった、そんな子供の頃の記憶に直結して、泣きそうになる___ミカン、そしてこたつは私にとってそんなノスタルジックな思い出の象徴なのです。

株価の平均が大きく下回り、株を買おうかなと思っている人は「そろそろ安く買えるかな?」と思っているかもしれません。

もちろん株価の暴落は保有している人にとっては気が気ではない状態だろうと思います。

純金関連の銘柄を見たところ、プラスになっているところもあるのでこれからは金の時代にはいるのかなと思われます。

金といえば守りの資産運用でも有名ですが、ジュエリーにもなるのでクリスマスプレゼントとしても欲しいという人もいるのではないかなと思います。

また、結婚指輪にするつもりで純金積立てをするという人もいるだろうと思います。

私は、FP技能士2級の受験がてらに楽天証券で取引をしながら勉強をするということをしているのですが、実際に取引をして見て勉強になるなと思っています。

なにもしなければわからないことではありますが、実際に投資信託や金取引を通じてわかることもあるのだなと思いました。

楽天証券で取引をするようになったきっかけはポイントで投資ができるということだったので取引をするようになったのですが、実際もポイントだけで投資信託の銘柄を買うということもしていますし、それによって「お金の正体」というのも巣腰づつわかってきたかなと思います。

年末の忙しさで勉強できる日と出来ない日が出ていてその差を埋めるのが大変です。

そんなときに役立つのはスマホでの学習です。

スマホは受験生仲間を集めるのにも使っていて、最近ではLINEでのグループにも入れて貰ったので色々と刺激になっています。

先日は試験によく出るであろう公的年金の話で色々と意見が出たり、意見交換をしたりして受験勉強が楽しく感じるようになったのはいうまでもありません。

一人で勉強をするとなると辛かったりするなどして続けられないなと思いますが、スマホのこういう使い方で色々と勉強になるなと思ったのです。

使い方次第では勉強のツールにもなるわけで、ここで教え合うということでアウトプットにも繋がるからそこで合格ということにも津投げられるということにもなります。

何でも排除するのもよくないなと思います。

上手く使えるものは使っていかすという方法が建設的な勉強方法かなと思うのです。

私の場合はテキストの勉強をするのはもちろんのことで、スマホでの勉強や先輩FPの本を読むということも勉強になると思っているので、受験勉強をする方法は変えないと思います。

水力や火力、原子力をはじめ、風力や地熱、太陽光など、様々な自然エネルギーがあり、電気や水素で走る車も実用化されるようになりました。

水力や風力などの自然エネルギーはなくならず無限です。 しかし、限りがある原油が値上がりし、「日々の生活に影響が及ぶから」と言って、自転車や徒歩だけでは、著しく行動範囲が制限されてしまいます。 環境への負担を減らし、資源を有効活用することが重要です。

近年、設置費用がかかるにもかかわらず、太陽光を利用する企業や農家が増え、あちこちで専用パネルを見かけるようになりました。

そんな中、私が驚いたのは、スイス連邦工科大学の有人ソーラープレーンプロジェクト「ソーラー・インパルス」です。 電動航空機のソーラープレーンは、翼の上に搭載された太陽電池が発電し、モーターでプロペラを回転させ飛行します。 永続的に利用可能なエネルギー源の太陽光を用いた飛行は、昼間に発電し、溜めておいた電力を、夜間の動力に利用できると、半永久的に飛び続けることが可能です。 スピードがあまり出ませんが、画期的な試みであることは間違いありません。

この太陽光を利用した技術が実用化されると、二酸化炭素を削減することができます。 さらに、太陽光とほかの自然エネルギーを組み合わせると、様々な可能性が広がるでしょう。 季節や地域によって、日照時間が変化しますが、ぜひ実現してほしいです。

午後4時、玄関のドアを「トントン」と2回ノックする音がしたら、それは子供が小学校から帰ってきたサインです。

なぜいきなりドアを開けないかというと、我が家の柴犬くんが外へ飛び出してしまうのを防ぐためです。

しかし、その日にアクシデントは起きました。

「トントン」とノックの音がしたときに、私は夕食の支度で忙しく柴犬くんがケージの中にいると思い込んでしまい(実際はケージに入っていなかった)

玄関のドアを開けてしまったのです。

もちろん柴犬くんは「ヤッター!!」と言わんばかりに猛ダッシュで玄関ドアをすり抜けて外へ出てしまいました。

「ママ!!!!!!」とパニックの子供。

私はエプロンをしたまま、靴を履くのも忘れて、でも火の元は確認して手にリードを持って走って追いかけました。

でも犬って、追いかけると逃げるんですよね。

そして戻ってきてはフェイントをかけてまた逃げるの繰り返し。

私の体力もそろそろ限界に近くなり、それでも子供はランドセルを下すことを忘れて一緒に柴犬くんを追いかけている・・・

柴犬くんが私を目がけて走ってきたので、心の中で「かかってこい!!」と思い、思い切りダイブして何とか捕獲成功!!

すぐにリードを付けたまではいいのですが、足に力が入らず立つことができないのです。15分間走り続けたからです。

捕獲した場所は、ご近所さんのお庭でしたが、数分間体力が回復するまで休ませてもらいました。

何とか立った私は、ヨロヨロとしながら柴犬くんに引っ張られて家に帰ってきました。

この日以降、「トントン」のノックのあとは柴犬くんがケージの中にいるか3回見てチェックするようになったのは言うまでもありません。

この間、私の先月働いた分のお給料が入金されて、それでもどうせ日々の食費や通信費などの出費に消えていき、なかなか貯金がたまらないようです。もっといい給料がほしいところで、それでなおかつ楽なお仕事はないのかと、求人サイトやハローワークで、時々求職中です。しかし自動車も原付もないもので、原付ぐらいは頑張って購入できそうですが、ともかく仕事場までの足をどうするのかが問題で、それで良い仕事もあきらめなくてはならないので、非常に悔しい思いをしています。

どちらかというと、天候に左右されずらい内勤を希望なのですが、好条件は倍率が高めで、就職には厳しい状況です。ともかく貯金がしたいので、出費面で再考慮したほうが良さそうと気づき、倹約生活を心がけなくてはいけなさそうです。また、できるだけ暇な時間をつくらずに、極力仕事に入ったほうが良さそうと気づきました。そのために、原付を購入に踏み切ったほうがいいかなと、感じています。自動車は、駐車場を確保と維持費も考えて、実現は難しそうなので、当分はあきらめます。でも、冬の原付は走ると寒そうでつらいです。マイペースでやってきましたが、少しペースを上げて稼ぎたい気分です。

自他共に認める無類の旅好きです。

お金さえあれば毎月旅をしたいと思っています。

専ら一人旅で、ヨーロッパへの旅が中心です。

大好きなのはイタリアですが最近ドイツも大好きになりました。

イタリアのようにスリにいつもいつも注意を払わなくてもいいし、とにかくドイツ人は親切です。

少し立ち止まっていたら、何かお困りでは?と声をかけてくれるし、スマホで調べてくれたりもします。

また、イタリア同様食べ物も美味しいし、コスパが良い点もうれしいです。

ビールはあまり好まない私でも、日本のビールとは別物と思ってしまうくらい美味しくて夏に行った時には水代わりに飲んでいました。

ソーセージも日本のものとは別物です。

種類も豊富ですし、ミュンヘンで午前中しか提供しないという白ソーセージも日本では食べることはできません。

さらに、風光明媚だということも大きいです。ライン川クルーズなんて期待せずに乗ったら、何度でも乗りたくなってしまうほど感動しました。

ブルクと呼ばれる城が両岸に現れて、最初は写真を撮るのに必死でしたが、途中からはファインダーを通して見ることがもったいなくて、目に焼き付けました。

ああ、また旅に行きたい、次の旅はどこにしよう、考えるだけでも楽しいです。