今日は県民の日で子供達は学校お休みでした。なぜだか携帯の目覚まし時計をオフにしてしまっていた私。旦那の携帯のアラームで目が覚め時計を見ると七時半でした。旦那のお弁当作らなきゃなのに寝坊をしてしまい、慌てて起きて眼鏡をかけて、生後6ヶ月の息子を抱っこしてリビングへ。

旦那が家を出発する時間まであと20分しかないので、今日は手抜き弁当になってしまいました。こういう時って冷食が役に立つ。水筒も三本、持って行くので急いで用意して送り出してから離乳食を作り食べさせて着替えさせて洗濯物干しとバタバタでした。

その後は6ヶ月健診を受けに近くの病院へ。ガラガラだったのですぐに呼ばれたので助かりました。最初は泣かずに身長やら体重やら計らせてくれていたのに途中から機嫌が悪くなりギャン泣きの息子。健診の結果は順調ですよとの事。ホット一安心です。

その後はコンビニにより昼ご飯を買って帰宅。ご飯を食べてから子供達と部屋掃除。子供達の部屋の散らかりようには前から注意はしていたものの、なかなか片付けしないので一緒に片付けをして綺麗になりました。2時から5時までサスペンスタイムの私。この時間が息抜きの時間なのです。サスペンスタイムが終了してからお散歩に行き、夕ご飯作り。お風呂に入ってやっと一日が終わりました。朝からバタバタとした一日になりました。

人間には犬歯がないそうですね。類人猿にはあるそうです。それは化石を見ればわかるらしいので、類人猿なのか猿人なのか区別できるそうです。

類人猿が猿人になるプロセスにおいて、犬歯は退化するそうです。そういう文献を読むまでは、二足歩行できる腰骨なのかどうかで区別していたのかと思いました。ですが、顔の化石しか出てこなかった場合は、猿人の発見にならないですからねえ。

ですが、基本的な進化として、二足歩行ができる腰骨になることで、両手が使えるようになり、そして道具を作ることができるようになったわけで、やはり決定的な違いは、二足歩行だと考えます。その次の段階でさらに進歩したのは、火の使用と言語の発達のようですね。

火が使えるようになると、食生活が豊かになったと言われています。そして言語が発達することで、文化を継承することができるようになったと書かれています。

人類の発祥地はアフリカだと言われていますが、世界最古の猿人は「アウストラロピテクス」だとずっと思ってきました。高校生の時の世界史の授業から知識は全く進展していなかったものですから、「ラミダス猿人」なるものが存在していたことを知識として持っていませんでした。世界史はカタカナが覚えにくかったので、大学受験で使わなかったんです。

先日、テレビで見たのですが、松山にある「さくら食堂」は、

ご飯の量がなんと350グラムが基本だそうで、とにかく何でも量が多いのです。

近くに学校が3つあるので、大学生が多いらしく、その日もお腹をすかせた学生が入ってきました。

880円の定食をたいらげてから、持ち金がほとんどないというので、

スタッフが心配していたら、その学生は洗い場に入ってお皿を洗い始めたのです。

一時間お皿洗いをしたら、タダにしてくれるこのマスターは、

忙しい時間だけ働いてくれる人がほしいから、このシステムにしたのだそうで、

お互いの利益になると話していました。

学生も、「松山のお父さんみたいです。」と言っていたのですが、

ご本人は「そんなに年をとってないわ。おにいさんや。」と、兄貴ぶりを発揮していました。

気持ちよく、お互いに提供し合えるのっていいですね。

妖怪ぷにプにってゲーム、無料で出来るんですね。小学低学年の長男が聞いて来たのか、旦那のタブレットに無料ダウンロードして貰って、ゲームを始めました。いろいろ設定が出来るらしく、弟の名前でも登録して、同時には出来ないけど、それぞれゲットした妖怪とかどこまで倒したとか、話してます。

友達と情報交換も出来るらしく、友達のアドレスを持ってきて、入れてもらってます。

でもね、ゲームをしてから態度、口がすっごく悪くなった気がするのです。

一日30分ね、と約束してゲームを始めても、だいたいオーバーしますよね。やっと終わっても、今いいとこだったのに~もっとしたい~となる。毎日何度もゲームゲームという。うっとうしいから旦那のタブレットにしか入れてないけど、旦那が帰ってくるなり、ゲーム~。いやいや、おかえりって先に言おうよ。

毎日毎日親子のバトルがあり、昨日今日は7時までゲームする、ということになって、6時に起きてます。早起きするのはいいんだけど、ゲームが目的か。。

授業中眠くならないといいのですがね。

本当はやっぱり読書してほしいんですよ。妖怪ウオッチで妖怪三国志という話をしてます。パロディになってるけど、まあ登場人物の名前と、ちょっとだけ話はあってる。あらすじにもならないショートストーリーですけどね。いい機会かもしれないと子ども三国志と登場人物ダイジェストの本を借りてきました。

さすが三国志。子供用といっても3冊もある。長いからね~ふりがな振ってるから読めるはずですが、本体には手をつけずに登場人物を見てちょっと頷いてます。

ここから興味を持ってくれたらいいのですが、三国志は手ごわいぞ~

旦那もねタブレットでゲームしてるんですよ。寸暇を惜しんで。そら子供もゲームしたくなるわ。勉強系のゲームも入れてるけど、やっぱりバトルがいいのかなあ。

弟とバトルごっこして遊んでも、弟だからね~兄が勝つのです。家ではなく、学校で友達とリアルバトルしたらいいのに。。

今日は日曜日なので競馬をしてます。

今日の東京競馬場のメインレースがG3根岸ステークスでその予想をしようと思います。

馬券の買い方は複勝1点10000円買いにしており、3着までにくるだろうと思う馬を1頭買います。

予想なのですが…

実績と安定度では5番ベストウォーリアだと思いますが、斤量が他馬より重い58kgを背負ってますので、掲示板まではくると思いますが、1着の可能性は低いのではないかと思ってます。

また、7才と多少高齢なのも気になります。

今回本命にしたのが、3番カフジテイクです。

後ろから行く馬なので、ギリギリとどかないってことはありそうかもしれないですが、前走G1で差のない4着と健闘しており、年齢も4才と若いので、この馬を本命にします。

最近、夜食にはまってしまいました。家に帰って、晩御飯を食べて、0時くらいになると、ベッドに入るのですが、3時くらいに目が覚めるんです。多分、お腹が空いて起きてしまうんだと思います。昨日はラーメンを作って食べました。今日はパスタを作りました。

こんな生活を続けていたら、完全に太ってしまいます。でも、夜食って作ってる段階から、すごくワクワクするんですよね。しかも、いつもより美味しく感じるんです。完全に習慣になってると思います。これを続けたら、確実に太ります。でも、お腹空いて起きてしまうんだから、何かを食べないと寝れないんです。厄介です。年頃の女子なのに、こんな習慣が確立されていることに恐怖を覚えます。

私には今月で1歳半になる娘がいます。娘を産んでからの1年6ヶ月は本当にあっとゆう間で目まぐるしく毎日が過ぎて行きました。そんな娘が最近すごく親の毎日一緒にいる私でさえ成長がすごいなと思うことが多くてとても驚いています。 これをしてって言うとやってくれたり、真似をしたり。更には教えてもないことを急にやりだしたりして、親の行動をよくみているんだなと改めて実感しました。変なこと出来ませんね(笑)また教育テレビなどの番組内のダンスなどいつの間にか覚えて踊ってるんですよね。本当に数日で完璧に踊れてたり真似ができてたりするので驚いています。他にも色々あるんですが、最近やっと卒乳をしたんですがそれまでおっぱい大好きっ子だったのに辞めてしまったら意外と反応が薄くてすぐ辞められて呆気なかったです(笑)

これからの娘の成長もとても楽しみです。

うさぎを飼ってます!

最近は寒くなってきたので冬毛に生えかわってきて、ここ数日ですごいモコモコ感が増してきました。

このモコモコ感を見ると、あー冬が近いなぁ…としみじみ感じます(笑)

夏はあんなに毛が薄かったのに、今は雪見だいふくのような、フワフワしたかたまりになってます。

これがまたかわいいんですけどね!

生きてるぬいぐるみみたいで、見てるだけでキュンキュンしちゃうし癒されます。

うさぎ好きにわかってもらえたらうれしいです。

フワフワしてるから、だっこしても気持ちいい。

うさぎ用のブラシを買ってあげたので、抜け毛をきれいにしてあげたいです。

うちのうさぎちゃんはキャベツが大好きです!

キャベツ買いに行ったら400円もしたよ。

あー高いから手が出せない。

早く安くならないかなー!

今日は息子の幼稚園の遠足でした。

遠足の日は幼稚園バスがないので、各自、決められた時間に幼稚園まで送って行きました。

もちろんお弁当持参なので、私は朝5時に起きてお弁当作りです。

思ったより時間がかかってしまい、予定の5時半には洗濯物を干すのが遅れましたが、その後盛り返し、6時に化粧をしました。

6時半に子供達とパパが起床です。

息子は起きた瞬間に、「今日は遠足だー。」とハイテンションです。

遠足の行きのバスでおやつを食べられることを知っている息子は、朝ご飯いらないと言っていましたが、何とかパンと卵、チーズ、牛乳を飲んでもらい、すぐさま着替えて幼稚園へ送って行きました。

本当にせわしい朝で夜にはどっと疲れが出て、目を閉じたらすぐにでも眠れそうです。

でも息子が夜寝る前に、お弁当おいしかったよと言ってくれたのでそれだけで頑張って早起きして良かったなぁと思いました。

でもやっぱり今日は疲れました。

山田詠美さんという作家がいる。
私はこの人の書いたものが大好きだ。
ある雑誌の巻頭で毎回コラムを書いている。

山田詠美といえばけっこうぶっ飛んだ内容の小説もあるし、際どい描写なども多い。
しかし、やはりプロの物書きだな、と感心してしまうことがたくさんあるのだ。
まず、言葉をたくさん知っている。
小説家なら当たり前なのかもしれないが、彼女のボキャブラリーは本当にすごい。
そしてこれも当たり前かもしれないが、日本語の使い方について常識を持っている人。
先日そのコラムに書いてあった内容は、お父さん、お母さんという言葉を、お父さんお母さん本人に向けて使うのは良いが、本人以外の人に向けて使うのはおかしいだろ、という内容だった。
第三者に向けては、うちの父が、うちの母がという言葉を使うのが当たり前だ。
でも最近ではその常識が崩れ始めている。お父さんだけでもおかしいのにパパという言葉を使う大人も稀にいる。家の中でどんな呼び方をしているのかは自由だが、それを他人の前でも使ってしまう愚かさ。
仲の良さのアピールなのか。
常識って、だれが決めたものでもないし、法律になっていて守らなくてはいけないものでもない。
だから価値観が危うい。

山田さんのように、若い層にも人気のある人がこういうことを投げかけてくれると若者にも響くのではないだろうか。
しかもこのコラムは20代前半の女子が読む雑誌だ。そこにまず拍手だ。