午後4時、玄関のドアを「トントン」と2回ノックする音がしたら、それは子供が小学校から帰ってきたサインです。

なぜいきなりドアを開けないかというと、我が家の柴犬くんが外へ飛び出してしまうのを防ぐためです。

しかし、その日にアクシデントは起きました。

「トントン」とノックの音がしたときに、私は夕食の支度で忙しく柴犬くんがケージの中にいると思い込んでしまい(実際はケージに入っていなかった)

玄関のドアを開けてしまったのです。

もちろん柴犬くんは「ヤッター!!」と言わんばかりに猛ダッシュで玄関ドアをすり抜けて外へ出てしまいました。

「ママ!!!!!!」とパニックの子供。

私はエプロンをしたまま、靴を履くのも忘れて、でも火の元は確認して手にリードを持って走って追いかけました。

でも犬って、追いかけると逃げるんですよね。

そして戻ってきてはフェイントをかけてまた逃げるの繰り返し。

私の体力もそろそろ限界に近くなり、それでも子供はランドセルを下すことを忘れて一緒に柴犬くんを追いかけている・・・

柴犬くんが私を目がけて走ってきたので、心の中で「かかってこい!!」と思い、思い切りダイブして何とか捕獲成功!!

すぐにリードを付けたまではいいのですが、足に力が入らず立つことができないのです。15分間走り続けたからです。

捕獲した場所は、ご近所さんのお庭でしたが、数分間体力が回復するまで休ませてもらいました。

何とか立った私は、ヨロヨロとしながら柴犬くんに引っ張られて家に帰ってきました。

この日以降、「トントン」のノックのあとは柴犬くんがケージの中にいるか3回見てチェックするようになったのは言うまでもありません。