ホームシアターまるわかり初心者講座
http://www.negaramusic.org/archives/20.html

映画好きが憧れるホームシアターは、一戸建てでないと設置できないと思う人もいるかもしれません。
なのでホームシアターに憧れはあるものの、設置を諦めている人もいるでしょう。

しかしホームシアターは、マンションに設置することも可能です。
設置するまでの手間は一戸建てよりも増えてしまいますが、夢の大スクリーンで映画を観ることができるようになります。

マンションにホームシアターを設置するときには、防音工事をおこなわなければいけません。
防音工事をしておかないと左右や上下の部屋に音が響いてしまい、近所迷惑になります。

通常の音量で楽しむなら防音工事は必要ありませんが、大音量で映画を楽しむなら、せっかくのホームシアターが原因でトラブルを引き起こさないためにも必ず防音工事はしてください。

防音工事は通常1ヶ月ほどの期間がかかり、またその方法には二通りあって一つは音を遮って落とす遮音、もう一つは音の反射や反響を防ぐ吸音です。

ホームシアターの防音工事でおこなうのは、通常は遮音になります。
部屋の壁を特別な材料で隙間ができないように覆い、それでも不十分な場合は、部屋の中に部屋を作って音が外部に漏れないようにしなければいけません。

どのような防音工事をおこなうかは、専門家が床の耐荷重性能などを判断しながら決めることになります。
マンションにホームシアターを設置したいなら、まずは専門家に相談しに行きましょう。

専門家に相談をすれば、適切な方法で設置をしてくれます。

専門家に依頼をして防音工事をおこないホームシアターを設置すれば、大音量で映画を楽しむことは可能です。
しかし、防音工事は多額の費用が必要ですし手間も掛ります。

もっと気軽にマンションでホームシアターを設置するなら、ヘッドホンを使うようにしましょう。
ヘッドホンを使えば、大音量で映画を観ても隣の部屋まで音が漏れることはありません。

深夜に映画を観るときにも、家族に気を遣う必要がなくなります。

最近の高性能なヘッドホンは、5.1chのサラウンドにも対応しいており、スピーカーで聴く音と大きな違いを感じることはありません。
外部に音が漏れないだけではなく、外部の音をシャットアウトできますから、映画に集中することもできます。

ヘッドホンを使うとホームシアターの魅力が失われると考えがちですが、ヘッドホンの性能次第ではマンションでも気軽に楽しめ、また魅力をより引き出してくれるのです。