遅ればせながら、映画館で君の名は。を観てきました。めっちゃハマってる友達がいて5回も観たらしく、何度も何度もすすめられたので、世間で話題だし行くか?くらいなノリで観に行ったのですが、結果としてとてつもなく良かったです。
よく出し込まれたストーリーも可愛いし、絵もアニメーションも綺麗だし、声もあのイケメン神木くんだしというと何もかも最高でした。夢の中での入れ替わりが現実っていうネタも良かった。けれど、なんであの2人だったんだろうというのが凄まじい不思議ですが。なんか巫女さんの血筋とかって神聖な神社の守りだけじゃなくてああいう夢見みたいな不思議な能力あるのかもしれないですね。瀧くんには何かがあるのかな?高校生の頃に見たら中二病ちっくな妄想にハマりそうですな。聖地巡りじゃないけど飛騨行ってみたくなりました。ああいう神社のお祭りとかがあるちっちゃな集落っていうのが憧れだ。ちょこっとネタバレ含みますが、もしもう一度出会えるなら…っていう瀧くんの願いが叶ったのが切なくて嬉しかったです。生きてるって良い!パンフレットが発売月によって違うらしいので、色々見比べると可笑しいかも。小説やコミカライズされてる作品も読んで見たいと思います。

世の中の人は三連休を謳歌したのであろうか。

自営業の私としては三連休をそのまま楽しむわけにはいかなかった。というのも、休みの日のほうが仕事がはかどることが多い。電話などがかかってこないからだ。世の中が休みの時こそ集中して仕事に取り組むことができるのである。

もうすこしで福岡出張、東京出張と出張が続く日が来る。その日までにいろいろとめどをたてておきたいことも多く存在する。そのため、いまは必至で働くのである。

昨日参加した交流会で、ただ働きのようなことをされてなげいている自営業の人がいた。自分の価値を高めるということは非常に有益なことかとはおもうが、他面ただ働きのような働きも当然に必要になってくるのではないだろうか。見えるものやサービスを売るならまだしも、見えないものや価値を売ることを仕事にしている以上、ただ働きでも何でも信頼を勝ち得ないと自分自身を売り込むことなどできないではないだろうかと考える。

しかし、相も変わらず寒い。もう冬がすぐそこまで来ているのだ。日が落ちるタイミングもとても早く、心が少し寂しくなるばかり。なんと夏が待ち遠しいことか。

遠くからあかちゃんが泣く声が聞こえる。君も寒いのかい。声にならない声を上げてなにを訴えているのだろうか。

今日、父と久しぶりにドライブに行った。行き場所は「山(英彦山)に紅葉」を見に行った。車で行った。車の中では、ラジオやCDをかけずに、久しぶりに父と話しながら山(英彦山)に向かった。10時頃、家を出た。しかも、急いではなかったので、高速道路は使わずにゆっくりと山(英彦山)に向かった。昼頃、目的地(英彦山)に着くと思いお昼ご飯を買って山(英彦山)に向かった。向かう途中にこの前、豪雨で被害を受けた「東峰村」の近くの道を通った。道は迂回するように看板で指示があった。

「自然は怖いなぁ。」と思った。土砂崩れがあった場所には、土嚢(どのう)が沢山積んであった。でも、所々で秋桜(コスモス)が咲いてある場所もあり、それを見て少しは気分が晴れた。その近くに昔、行ったことのある温泉があり懐かしく感じた。山(英彦山)の山道に入る前にも所々紅葉していた。「山(英彦山)の山頂はもっと寒いからもっと紅葉している。」と期待して登ったら綺麗に紅葉していた。綺麗だった。私の父は山の草木に詳しく、草木についていろいろ話してくれた。車で山(英彦山)に登っていると、自転車(マウンテンバイク)で登っている方も、見かけた。「すごいなぁ。」と思った。それを見ていたら、父が、「俺も昔、自転車(マウンテンバイク)で登ったことがある。」と言っていた。山(英彦山)の山頂は気温が低く寒かった。あと、景色が綺麗だったので、写真をいっぱい撮った。

例年、有志行動で地域の子ども達を集めて春にサツマイモを植えている。
すごく育ったサツマイモは秋に値打ちし軽くなるまで倉庫で寝かせている。
3か月寝かせたサツマイモがこれから食べごろになり《焼き芋ビッグイベント》をスタートしました。

朝からサツマイモにアルミを巻いて火の中に入れて設営を行う。準備したサツマイモの枚数は誠に120読み物!
焼き芋が出来ては焼き、出来ては焼きの繰り返しだけど寒いセンターたくさんの人が来てくれて準備したお芋はなくなりました。
今年度はこれが最後の行動で子ども達の実利宣伝も兼ねているのでみんなに食べてもらえてよかったです。
子ども達も嬉しそうだ。

来年度も行動本旨なのでたくさんの子ども達とまた面白くお芋中身が出来たらいいな。

不況でも、子の学費はかかりますよね。しかし、前、つまり、40クラス前と違って、子も、お百万長者とおんなじだけの勉強を仕込み次第で、できるようになっている。ただし、それには、子だけで習い事に行かせるというのではなく、父兄が送迎することが必要です。そうすることによって、日数が軽減できるからだ。一切、子がまかなうことはできません。車種で送迎することが大事です。
また、公共も、安く習い事を提供してくれていたり決める。そこをとっ罹りにすると、習い易いだ。子が貫くかどうにかもわからないのに、機械を買うと損を行なう。
ただ、育児は損の保持だ。無論、それ以上に醍醐味をもたらしていただけるが。

土日も休まず働いている時は、変なテンションだったのか全く風邪を引かずにやってきたのに、のんびり自由で理不尽な思いも減ってきた最近になって毎年一回は風邪を引くようになりました。

それが年に2回になりました。ついでに発熱から鼻の症状で済んでいたのに咳と下痢まで追加されました。一通りの風邪の諸症状を通過儀礼のように微熱と倦怠感から始まり鼻水鼻づまり、喉の痛みと咳が来て今はようやく鼻づまりと咳が少し残っているかな程度になりました。

職場ではマスクをし、鼻をかむのも一応トイレで行い、咳だって撒き散らすようなことはしていないつもりなのですが、隣の席の人が今日突然休みました。わたしの正面のデスクの人は元々いつも鼻をズルズルすする人なのでよく分かりませんが、何だか咳もしていたような気がします。

同居人も「喉が」「鼻が」と風邪気味だと言い始めました。感染源はわたしだとしても、わたしだって他の誰かから貰った風邪なんだそ、と言いたいのですが喉の症状で声変わりしてまだ喋るのも辛いです。

よく「風邪の引き始めに」という薬を見かけますが、風邪の引き始めっていつなのでしょう。気づいた時には高熱だったり喉が痛かったり鼻水が止まらない時なので、そういった状態の時に飲んでもさっぱり効かないので、もっと症状が出る前に気づけってことの様ですが、本当にいつなのか「今だよ!」と教えてもらいたいです。

30代のカップルが出掛けられないのには、理由があります。クルマを欠けるのです。ぶらっと、ドライブすることはできません。
昔は、タクシーを顧客がおビリオネアという印象だ。今でも、その見方が抜けきれません。ただし、大都市では、タクシーを使う人は、余裕のないやつなのです。そのせいか、タクシー乗員の運行の荒いことと言ったらありません。心から怖くて、乗れません。わざわざ乱暴にしたりする。
身近のが不愉快のでしょう。それでも、使わないといけません。
タクシーを使って、買い出しをするわけにもいきません。島村も、アメイジングも駅舎の近くにはないのです。全て、クルマのやつターゲットだ。大都心だと、自宅は良くてもということがあります。

最近、ハンドメイドを始めようか検討中です。主婦になって自由に使える時間が増えました。でも、今まで仕事ばかりしてきた人間なので、これといった趣味もなく1日が本当長いと思う今日この頃です。月二回エステに行って好きな時に買い物に行ったり自由にできる毎日で旦那さんには感謝です。

でも、ふと思いました。趣味って大事だねって。それも一人で没頭できる趣味が主婦には必要です。だって主婦って子供がいないうちは暇だし、孤独なんですもん。こんなに時間だけあってやることはあんまりないです。家事も私はサクッと終わらせるタイプの人間なんで、そんな時間を取りません。

こんな生活をさせてくれている旦那さんは本当に結婚して良かったと思える存在ですが、やはり毎日、正直暇です。のんびりしたらいいじゃんとか言われるけど、やることないって残酷よ。本当、人間ってワガママにできてるなあと思います。そこで地味に始めたのがハンドメイド。

羊毛フェルトでちっちゃいぬいぐるみ作ったり、アクセサリーを作ったり。正直、そこまで没頭できる趣味ではないけど、こったら楽しいだろなって。好きな人は好きだと思います。どうやら私はそこまでのようです。何か趣味見つけないとな。

10月までの期間限定ケーキを購入するために、車で50分くらい走っていたところ、目的のケーキ屋さんにつく頃には色々限界を迎えていました。途中にコンビニが無いわけではなかったのですが、運転手が目的地までは脇目も振らず真っ直ぐ向かいたいタイプなので我慢していたのです。外観は昭和のケーキ屋さんに入ると、何らかの機械の爆音のためか入店したのに誰も出てきません。お店の方が出るまでにお手洗いをお借りしようとイートインスペースにあったお手洗いに入ったところ、まるで1度たりとも掃除したことのないような、引き寄せとか金運の著者が卒倒を通り越して爆笑しそうな状態でした。

いくら限界が来ていたとはいえ使用が躊躇われるような感じではありましたが、背に腹は変えられないので使用しました。手を洗う所もまた廃墟から持ってきたかのような汚さで、一緒に入店した連れに「いやーまるで一回も掃除したことないみたいに汚…」と言いかけたところ連れが「お店の人出てきたよ!」と遮りました。どうやらわたしの悪口は聞こえていたようで、やや不機嫌な店員のお嬢さんにぶっきらぼうに「いらっしゃいませ」と言われました。なので間髪入れず「(限定品)三つください!」と、トイレの悪口なんて言ってないよって感じを醸し出しつつ言ってみました。

お詫びのつもりなのか焼き菓子をオマケしてくれました。ケーキは美味しかったのですが、あのトイレが無ければもっと美味しかったのになと思いました。いやぁトイレ掃除って大切ですね。

今日の『国家さま?リゾート』はメキシコでした。

カリブ海の海のトーンって素敵ですね?。
そんな海で泳いでみたいものです!
浜辺はサラサラの白い海辺で、極めて気持ち良さそうでした。

メキシコと言えばテキーラ!
ナビゲーターのマミーはテキーラのフローズンカクテルを飲んでいました。おいしそ?!
他にもアーモンドフレイバーのテキーラも紹介されていました。誠に、テキーラ業者があるそうです。

宿屋はうっとりするようなハイクラスな部分でした。全体的に広々としたシックな組織で、リフレッシュできみたい。
ベランダには私的浜辺を見れるジャグジーが!湯船部屋は15畳だ!

後に登場した、メキシコの覆面プロレスラーファミリーに笑わせられて、1週間の疲れがとれました。お客様の水原希子君もかわいかった?!