赤ちゃんの頃の子供の様子をビデオにたくさん撮っていたけど、なかなか見返したりする事ってなかったんですが、この前久しぶりに撮っていたビデオを見てすごく懐かしい気持ちに浸っていました。

あぁ!こんなだったなぁ!とか、ちょっとした成長をビデオの中でキャッキャッ言いながら撮る私や夫。

それが今じゃ当たり前になってて怒ってばっかりの日々だから、ビデオを見返して少し反省もしてみたり…。

何気ない日々をきちんと記録しておけるのって本当にいいなぁと改めて感じる事が出来ました。

赤ちゃんの頃は夜泣きやらなんやらかんやらでいっぱいいっぱいになって大変だったけど、無条件に可愛くて愛おしい。

今も愛おしい存在なのは変わらないんだけど、ちょっとした事に反抗したりイヤイヤ言い出すとこっちもイライラしてしまったりするけど、これも成長なんだよなぁ。って思い知らされました。

あんなに小さかった我が子が、こんなに大きくなってて私も歳とるはずだよね…。

年月は流れてるんですよね、今のこの時期も今しかないんだな!と思えば乗り越えられそうです。

と、言ってる側から気に入らない事があったみたいで泣いてますが…。

イライラせず、お母ちゃん毎日楽しく過ごすように頑張るよ!

私は夏になると食べたくなるものに、天然氷のかき氷があります。
その氷は私の住む県内の北西部の山間部で作られています。夏になると売り出され、天然氷のため人工の氷よりも高い温度でできるため柔らかく、ゆっくりとできるため透明です。
その氷に県の特産物にイチゴのシロップをかけて食べるのが一番良いかと思います。

天然氷のため値段が少々高いですが、暑くて喉が渇いた時に食べると喉の渇きが癒されて汗も引きます。シロップも人工の物でないので、食べた後もスッキリとします。
今年は梅雨明け前が暑く、梅雨明け後に気温が上がらない日が多かったため1回しか食べていないですが、暑い日が続けば食べたくなると思います。
この氷は平年だと8月も下旬になるとになると在庫が無くなってくるのですが、今年は暑い日が少ないため在庫はまだあると思います。まだ何回か食べられるのではないかと思っています。

天然氷は冬の寒さが厳しい地方の産物です。そのため暖冬だと出来る量が少なくなってしまいますので、その年の夏食べられるかが心配になります。夏になると冬の有難さを感じるものの一つです。
地球温暖化が問題になっていますが、温暖化のため天然氷が無くなってしまったらとても寂しいです。

毎日毎日暑い夏。

この連休2歳と0歳の子どもを連れてどこへ行こう。あんまり遠出はしたくないよねと、主人と話し合っていました。

夏の遊びが楽しめて、涼しい所。

そうだ!滝を見に行こう!

と、思い車を走らせ、滝を見に行きました。

そこは流しそうめんや、やまめ釣りも楽しめ何より涼しい絶好の避暑地です。

車を走らせること40分。滝に着きました。連休だけあって、少し混んでいましたが、すぐにやまめ釣りが出来ました。

初めての釣りに喜ぶ2歳の息子。

5分後。。。

ママーまだ釣れない?まだー?

息子もう飽きました(笑)そうだよね、待ってるだけなんてつまらないよね(笑)

その5分後。。。

抱っこ紐から抜け出そうとする娘(笑)そうだよね、あなたも抱っこじゃつまらないよね。。きっともうすぐ釣れるから待ってね。

しばらくすると、竿が動きます。。

!!!!!!やまめゲットー!!!!!!!!

大喜びの息子。ニコニコ顔で写真撮影できました✨やまめを触るのは恐いみたいで、バケツの中をそっと覗きこむだけでした(笑)

次は流しそうめん!!

流しそうめんのやり方を一応息子に説明しました。フォークを片手に準備万端の息子。気持ちはやる気満々です。

まだしっかりフォークも使えないし、こりゃーすくえないだろうな。まぁ、私たちがすくってあげればいいかと思っていました。いざ始めると。。。

めっちゃ上手にすくってるー!!!!!!!てか、上手過ぎて殆ど私の所に流れてこない(笑)

上機嫌の息子。いい思い出ができました(笑)

先日、パパと生後11ヶ月になる息子と3人で福井県の海水浴場に行ってきました。

朝方少し雨が降っていましたが、日程を変更しようにもパパの休みが取れそうにないので現地で晴れることを期待して向かいました。

日本海側の海は波も高くてあまりキレイじゃない印象ですが、その海水浴場は水もキレイだしとても遠浅で、小さい子供連れや家族連れには最適だなと感じました。

息子には初めての海、私たち夫婦も子供の頃以来の海で、着いた途端に不覚にも息子以上に私たちの方がテンションがあがってしまいました。

そんな私たちに味方してくれたのかお天気もだんだん良くなり、砂浜の上では暑いくらいになったので3人で海に入りました。初めての海水、波に息子はびっくりしてギャン泣きでしたが徐々に慣れてきて、自分で手をバタバタさせたり、浮いている海藻を嬉しそうに掴んだりしていました。

私も息子もアトピーがあり、今回海に行こうと思ったのはそれの治療目的でもありました。祖母に聞くまで私は知らなかったんですが、アトピーには海に浸かるのがいいっていうのは結構知られてることだったんですね。でも、長年付き合ってきた頑固なアトピーが海水なんかで治るのだろうかと半信半疑でしたが、最初こそ海水がしみたものの、後半痒みはほぼなくなっておりありがたい結果でした。

息子が遊び疲れてきたので、昼過ぎには帰りましたが、今回の海デビューは大成功でした。その後も息子は水で遊ぶということに興味を持ったようで、毎日お風呂で水遊びさせてます。今年のうちにできたらもう一度海に連れて行ってあげたいです。

今に始まった事ではないとはいえ、テレビをつければニュースで政治の話題。
インターネットでもニュースサイトを見れば必ず政治の話が目に入ります。
ニュースだけを見ていると、政治家って問題を抱えた人ばかりなのかなーと感じてしまいます。きっと、ニュースで話題に上がる人は政治関係に限らずそういう人が多いのかな、いや、そもそも問題を抱えていない人なんて世の中にいるのかな、なんて、そんな感じで考えがどんどん広がっていくので、ニュースを見るのもほどほどにしようかと思います。
明るいニュースしか放送しない番組やwebサイトがあったらいいのになぁと思うのは私だけでしょうか。

最近は内閣支持率低下や野党第一党党首の問題なんかも話題に上がっていますが、報道社によって支持率の数字が極端に違うあたり、信用できる情報を探すのは難しいなぁと感じます。
数値が違うとはいえ、下がっているという報道だけはブレていないのでそこに注目するのは間違いじゃないと思いたいのですが、結局人(マスコミ)が調べた情報を報道づてに聞いているだけの一般人には、与えられた情報でしか判断できない、という時点で国民を操るのって簡単にできてしまうのではないかなぁとも思います。

世の人は、自分みたいにニュース一つを見てこんなに感情を動かされたり、あれこれ考えたりするんだろうか?と、テレビの前でぼんやり思う1日なのでした。

今日は県民の日で子供達は学校お休みでした。なぜだか携帯の目覚まし時計をオフにしてしまっていた私。旦那の携帯のアラームで目が覚め時計を見ると七時半でした。旦那のお弁当作らなきゃなのに寝坊をしてしまい、慌てて起きて眼鏡をかけて、生後6ヶ月の息子を抱っこしてリビングへ。

旦那が家を出発する時間まであと20分しかないので、今日は手抜き弁当になってしまいました。こういう時って冷食が役に立つ。水筒も三本、持って行くので急いで用意して送り出してから離乳食を作り食べさせて着替えさせて洗濯物干しとバタバタでした。

その後は6ヶ月健診を受けに近くの病院へ。ガラガラだったのですぐに呼ばれたので助かりました。最初は泣かずに身長やら体重やら計らせてくれていたのに途中から機嫌が悪くなりギャン泣きの息子。健診の結果は順調ですよとの事。ホット一安心です。

その後はコンビニにより昼ご飯を買って帰宅。ご飯を食べてから子供達と部屋掃除。子供達の部屋の散らかりようには前から注意はしていたものの、なかなか片付けしないので一緒に片付けをして綺麗になりました。2時から5時までサスペンスタイムの私。この時間が息抜きの時間なのです。サスペンスタイムが終了してからお散歩に行き、夕ご飯作り。お風呂に入ってやっと一日が終わりました。朝からバタバタとした一日になりました。

人間には犬歯がないそうですね。類人猿にはあるそうです。それは化石を見ればわかるらしいので、類人猿なのか猿人なのか区別できるそうです。

類人猿が猿人になるプロセスにおいて、犬歯は退化するそうです。そういう文献を読むまでは、二足歩行できる腰骨なのかどうかで区別していたのかと思いました。ですが、顔の化石しか出てこなかった場合は、猿人の発見にならないですからねえ。

ですが、基本的な進化として、二足歩行ができる腰骨になることで、両手が使えるようになり、そして道具を作ることができるようになったわけで、やはり決定的な違いは、二足歩行だと考えます。その次の段階でさらに進歩したのは、火の使用と言語の発達のようですね。

火が使えるようになると、食生活が豊かになったと言われています。そして言語が発達することで、文化を継承することができるようになったと書かれています。

人類の発祥地はアフリカだと言われていますが、世界最古の猿人は「アウストラロピテクス」だとずっと思ってきました。高校生の時の世界史の授業から知識は全く進展していなかったものですから、「ラミダス猿人」なるものが存在していたことを知識として持っていませんでした。世界史はカタカナが覚えにくかったので、大学受験で使わなかったんです。

先日、テレビで見たのですが、松山にある「さくら食堂」は、

ご飯の量がなんと350グラムが基本だそうで、とにかく何でも量が多いのです。

近くに学校が3つあるので、大学生が多いらしく、その日もお腹をすかせた学生が入ってきました。

880円の定食をたいらげてから、持ち金がほとんどないというので、

スタッフが心配していたら、その学生は洗い場に入ってお皿を洗い始めたのです。

一時間お皿洗いをしたら、タダにしてくれるこのマスターは、

忙しい時間だけ働いてくれる人がほしいから、このシステムにしたのだそうで、

お互いの利益になると話していました。

学生も、「松山のお父さんみたいです。」と言っていたのですが、

ご本人は「そんなに年をとってないわ。おにいさんや。」と、兄貴ぶりを発揮していました。

気持ちよく、お互いに提供し合えるのっていいですね。

妖怪ぷにプにってゲーム、無料で出来るんですね。小学低学年の長男が聞いて来たのか、旦那のタブレットに無料ダウンロードして貰って、ゲームを始めました。いろいろ設定が出来るらしく、弟の名前でも登録して、同時には出来ないけど、それぞれゲットした妖怪とかどこまで倒したとか、話してます。

友達と情報交換も出来るらしく、友達のアドレスを持ってきて、入れてもらってます。

でもね、ゲームをしてから態度、口がすっごく悪くなった気がするのです。

一日30分ね、と約束してゲームを始めても、だいたいオーバーしますよね。やっと終わっても、今いいとこだったのに~もっとしたい~となる。毎日何度もゲームゲームという。うっとうしいから旦那のタブレットにしか入れてないけど、旦那が帰ってくるなり、ゲーム~。いやいや、おかえりって先に言おうよ。

毎日毎日親子のバトルがあり、昨日今日は7時までゲームする、ということになって、6時に起きてます。早起きするのはいいんだけど、ゲームが目的か。。

授業中眠くならないといいのですがね。

本当はやっぱり読書してほしいんですよ。妖怪ウオッチで妖怪三国志という話をしてます。パロディになってるけど、まあ登場人物の名前と、ちょっとだけ話はあってる。あらすじにもならないショートストーリーですけどね。いい機会かもしれないと子ども三国志と登場人物ダイジェストの本を借りてきました。

さすが三国志。子供用といっても3冊もある。長いからね~ふりがな振ってるから読めるはずですが、本体には手をつけずに登場人物を見てちょっと頷いてます。

ここから興味を持ってくれたらいいのですが、三国志は手ごわいぞ~

旦那もねタブレットでゲームしてるんですよ。寸暇を惜しんで。そら子供もゲームしたくなるわ。勉強系のゲームも入れてるけど、やっぱりバトルがいいのかなあ。

弟とバトルごっこして遊んでも、弟だからね~兄が勝つのです。家ではなく、学校で友達とリアルバトルしたらいいのに。。

今日は日曜日なので競馬をしてます。

今日の東京競馬場のメインレースがG3根岸ステークスでその予想をしようと思います。

馬券の買い方は複勝1点10000円買いにしており、3着までにくるだろうと思う馬を1頭買います。

予想なのですが…

実績と安定度では5番ベストウォーリアだと思いますが、斤量が他馬より重い58kgを背負ってますので、掲示板まではくると思いますが、1着の可能性は低いのではないかと思ってます。

また、7才と多少高齢なのも気になります。

今回本命にしたのが、3番カフジテイクです。

後ろから行く馬なので、ギリギリとどかないってことはありそうかもしれないですが、前走G1で差のない4着と健闘しており、年齢も4才と若いので、この馬を本命にします。