今日、父と久しぶりにドライブに行った。行き場所は「山(英彦山)に紅葉」を見に行った。車で行った。車の中では、ラジオやCDをかけずに、久しぶりに父と話しながら山(英彦山)に向かった。10時頃、家を出た。しかも、急いではなかったので、高速道路は使わずにゆっくりと山(英彦山)に向かった。昼頃、目的地(英彦山)に着くと思いお昼ご飯を買って山(英彦山)に向かった。向かう途中にこの前、豪雨で被害を受けた「東峰村」の近くの道を通った。道は迂回するように看板で指示があった。

「自然は怖いなぁ。」と思った。土砂崩れがあった場所には、土嚢(どのう)が沢山積んであった。でも、所々で秋桜(コスモス)が咲いてある場所もあり、それを見て少しは気分が晴れた。その近くに昔、行ったことのある温泉があり懐かしく感じた。山(英彦山)の山道に入る前にも所々紅葉していた。「山(英彦山)の山頂はもっと寒いからもっと紅葉している。」と期待して登ったら綺麗に紅葉していた。綺麗だった。私の父は山の草木に詳しく、草木についていろいろ話してくれた。車で山(英彦山)に登っていると、自転車(マウンテンバイク)で登っている方も、見かけた。「すごいなぁ。」と思った。それを見ていたら、父が、「俺も昔、自転車(マウンテンバイク)で登ったことがある。」と言っていた。山(英彦山)の山頂は気温が低く寒かった。あと、景色が綺麗だったので、写真をいっぱい撮った。